中国凧の歴史

歴史 comments(1) trackbacks(0) chinakite
 

 凧は中国人によって発明されたもの。中国最初の凧は今から約2000年前の春秋時代に、墨子によって作られたと言われている。その後、中国の南北朝時代(439〜589年)になってから、凧(中国語:風箏)は情報伝達の手段となり始めた。隋と唐の時代(581〜907年)に入って製紙業の発展により、民間では紙を使って凧の生地とし始めた。宋の時代(960〜1279年)になってから、凧上げは、人気のアウトドアスポーツ活動となった。今は、中国の凧上げ活動は、対外文化交流、世界各国の人々との友情を深めること、経済の発展及び観光事業の促進において重要な働きをしている。
 中国の凧は昆虫、鳥、その他の獣、そして龍や鳳凰などの伝説上の生き物などさまざまな形状を模している。現代中国の凧で最上のものは竹の骨組みに絹を張り、その上に手描きの絵や文字などがあしらわれている。

コメント一覧

中国最初の凧は約2000年前、、は約2500年前であり、哲学者墨子(BC478〜392)が木製の鳥形(木鳶)を造り飛行させた説あり。中国ウエハン市の凧博物館での調査による。

  • 室岡克孝さん
  • 2013/03/25 5:50 PM
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM